スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FLESH&BLOOD 15
FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD 15 (キャラ文庫)
(2010/06/26)
松岡 なつき

商品詳細を見る

現代に帰ってきたカイトの結核の治療と、一巻以来の和哉登場。
ついに和哉がガッツリ出て来ます。
そして和哉のカイト愛も凄ぎる。そしてそして恰好よすぎるじゃないかぁ
巻頭のカラー絵の、バイクに寄りかかってタバコ吹かす絵なんても…も…も…

過去編もちゃんと書かれていて、ウォルシンガムの拷問を受けるジェフリーを何とか助け出そうと、ナイジェルが頑張ってくれてます
カイトを挟んで恋敵ではあるけど、この二人の絆はどーしたって切れるものじゃないんですよ。
死ぬなジェフリイイイイィイィイイ
スポンサーサイト
FLESH & BLOOD ⑭
FLESH & BLOOD (14) (キャラ文庫)FLESH & BLOOD (14) (キャラ文庫)
(2010/03/12)
松岡 なつき

商品詳細を見る


まるで教会のステンドグラスから降り注ぐ陽光のような、静かだけれど厳かな想いに溢れた巻でした。
ジェフリーの、ナイジェルの、リリーの、そいてカイトの…
彼らの一言一言が神聖な祈りのように思えました。
特にジェフリー。
カイトを本当に想うからこそ、これが最後と知りつつ また次があるからと笑って送り出す姿に泣かされました。
12巻でビセンテにとって代わられそうなほど影が薄かった彼ですが、見事な大逆転です(笑)

それと今回、「カイトには笑顔が似合う」という一文が印象的でした。
どんなシリアスなシーンでも、挿絵がなくても、FBを読むとき、私の頭の中にはいつもカイトの笑顔が浮かんでいました。カイトの笑顔こそがFBなんだなと。

そしてやっぱり美絵でござりまする~
FRESH&BLOOD 13
FLESH & BLOOD〈13〉 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD〈13〉 (キャラ文庫)
(2009/06/25)
松岡 なつき

商品詳細を見る


またもや彩センセ、長い間挿絵がなかった寂しさを一気に埋めてくれる勢いで大輪の華を添えてくれていますきらきらー†
ホントに素敵すぎます。この方の絵を飾っておくためだけに買うのもありなんじゃないでしょうか。もちろん中味も負けず劣らずですけどねにこ
ただ惜しむらくは、メイン以外のキャラ(ルーファスやメイト達)の描写もちょこっと欲しかったかな~と。
毎回漠然としか容姿が浮かばないので。

内容的には新章突入です。
と言っても ビセンテの登場が激減してしまったり、無事イングランドに戻ってきたと言っても海斗が重大問題抱えたままなので、ウキウキワクワクよりハラハラドキドキ感でいっぱいですが…

ポイントは、ジェフリーとナイジェルがそれぞれ海斗の病名を知ってしまうところでしょうか。
最愛の少年が不治の病に侵された事実を知った時、ジェフリーは(最初はさすがに焦りますが)自分を律して平静を装い、反対にナイジェルは絶望に不安を爆発させ…
でも逆に、二人がそれだけ取り乱してくれたということが、読んでいるこっちとしては二人の海斗への愛のほどを見せつけられた気がしてまんざらでもないのですが…
いやでもやっぱり海斗心配でたまらんです、ハイ………うるうる
それとラスト、和哉がこっちに来たのかどうなか…というところですね。
あとはもう、主人公なのに肺病になり(しかも治療法の無い時代で)、それを治せるのか、治すとしたらどう治すのか。そればかり気になって気になってグルグルです…ぐるぐる
だってですね、この時代にいたら余命イカホドの話しまで出てるし… かと言ってなんとか現代に戻って治せたとしても、今度はジェフリー達の時代に戻れるかどうかも分からないわけで…
どうするんだろう。松岡センセどうするんだろう… センセ~~~~~汗

他は、あいかわらず時代描写がしっかり書かれていてすごく興味深かったです。
当時の人たちがどんな食生活を送っていたのか、どんなものを着ていたのか。
現代からタイムスリップしてしまった海斗が、清潔さを保つのにどれだけ苦労しているかとか、ありきたりの話しの主人公なら飛ばされそうなそういう部分が丁寧に書かれていて、毎度のことながら脱帽ものです。
政治や策略関連もね、いつものことながら緻密でありながら複雑になりすぎず(間が開きすぎなければ笑)、読みやすくて読みごたえあってホント最高です。

でもこの話し、メインCP(ジェフリー×海斗)が13巻まできて未だ一線越えきってないのにここまで引き付けるってのが凄いんですよキラキラ
キスだって、(海斗に対して)ナイジェルもビセンテも壊れモノに触れるかのように大切に大切に…って感じで、こっちが切なくなります涙
ジェフリーは、他の二人に比べたら両想いな分遠慮はないですけど、あれだけの遊び人が海斗の体を第一に気遣ってるし。
こういうのがね、いいんですよ絵文字名を入力してください
FRESH&BLOOD 12 『限定版』
FLESH & BLOOD12限定版 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD12限定版 (キャラ文庫)
(2009/02)
松岡なつき

商品詳細を見る

や…っっっっっっとF&B12巻の限定版を手に入れることができました!!! ありがとうございます(>◇<)
中身は通常版と同じですが、表紙の装丁がちょっと違うのと、ナイジェル視点の小冊子が付いていて、これ欲しさに2冊目の12巻ゲッツです。…限定版を申し込み忘れて入手できなかったので…
  
読んでみて、ナイジェルどうしたと(笑)
いえね、前からカイトのこと好きなの知ってましたけど、そのラブ度が超アップしてるんですけど!
ナイジェルの内心で埋められた一冊なので無理ないですが、それにしても寝ても覚めてもカイト愛しさで、そこまで想っていたのかと。今さらながらナイジェルのカイトへの想いの強さを実感させられました。本当にカイトのこと愛してたんだね… それも若いうちに経験した恋愛のひとつとして、いつか過去形になるんじゃなく、彼の中で生涯最後になるだろう恋で… 
なんかもう、ビセンテといいナイジェルといい、カイトを愛する心が半端なく強くて大きいんですが今回。
カイトを好きだけど、自分にはもっと重要なことがあるから、そういう状況になったらさすがにカイトのことは二の次…じゃなく、その重要なことさえ、カイトへの愛のためなら捨てることができるくらいに。ビセンテは国と王への忠誠<カイト、ナイジェルはジェフリーやメイト達<カイト…な感じで。
カイトを愛する男達の中で、ジェフリーの想いが一番弱く思えてきたので、次巻では頑張ってそんな感想を払拭させてほしいです。でないとナイジェルもだけどビセンテも浮かばれないよ! この二人を捨ててまでカイトが選んだんだって、しっかり証明してくれないとね。

そういえば松岡センセの公式サイトでF&BのバレンタインSSが掲載されているんですが、ここではカイトをめぐる第4の男、和哉がメインです。
まさかこんな風に和哉が出てくるとは思わなかったので、びっくり&新鮮な展開です。
和哉は一巻の冒頭で出ただけの、脇役中の脇役だと思ってたんですが、向こうでちゃんとカイトを探してるとことが書かれてるし、12巻の最後でもカイトの元へ行こうとしている必死さが伺えて、ただの脇役なんかじゃなかったです。そこにきてのバレンタインSS…やられました。
和哉にとってカイトは、ただの幼馴染じゃなく、可愛くて可愛くてしょうがない弟のような(それ以上の?)存在らしく。しかもちびカイト…あれだけ可愛かったらそりゃやられるよな…
 
ナイジェルの想いはどうなるのか、和哉はこっちに来られるのか、来たらどうなるのか、カイトの病気は? カイトはこっちに残るのか、最後は現代に戻るのか… 気になりどころが満載でますます目が離せないんですが…次巻は当分先ですよねぇ…
あと、1~11巻のどれか一冊買うと小冊子貰えるフェア開催中だそうですが、うちの近所の本屋ではそのフェアをやってません… 無料で貰えるらしいので通販するわけにもいかず… 田舎住まいのF&B大好き人間はこういうときどうしたらいいんでしょうかねぇ………
FRESH&BLOOD 12
FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD12 (キャラ文庫)
(2009/02/25)
松岡なつき

商品詳細を見る

やっと続きが…! 嬉しさのあまり巨大画像でお送りしています(笑)
イラストも雪舟センセから彩センセに代わり。
雪舟センセも大好きでしたけど、彩センセのイラストもメチャクチャ綺麗で超いいです!
ここ2、3巻は挿絵が全くない状態が続いていたので、彩センセのイラで刷り直してほしいくらい(時代背景が航海時代のイングランドなので、挿絵がないとやっぱり分かりづらいとこもあるので…)
ジェフリー、ナイジェル、ビセンテは美麗なのにカイトはちゃんと可愛くて。アロンソはダンディに、キットはイケメンに。
どんなパターンも描きこなしてくれて、しかも本当に綺麗とくると、ファンとしてこんなに嬉しいことはありません。
ほんとF&Bファンは(雪舟センセもそうでしたが)イラストに恵まれてると思います。
こんな素敵な物語にこんな素敵なイラストをつけていただいて、ほんとおおおおおおにありがとうございます!!!

いやあそれにしても長かった! 一年待ちましたよ。…劇中では一日しか経ってないのに… 
おかげで内容忘れてます…(汗) 忘れてる上に陰謀・謀略・策略・策謀…渦巻きまくってるんで、誰が味方で誰が敵でなにがバレててなにが上手くいってるのかちんぷんかんぷんで す が…
今回は ビセンテのカイト愛! これに尽きると思います。
相愛のはずのジェフリーの想いさえ、ビセンテのカイト愛の強さの前に、今回だけはちょっと霞んでます。
ビセンテ熱い! そしていい人だあ(泣) 
それにしてもカイトへの愛を自覚したとたん別れるなんて… あまりにもかわいそ過ぎです。
カイトにとってはジェフリーの元が自分の還る場所なのかもしれないけど、読んでるこっちにしたらナイジェルもビセンテも捨てがたいのでございますよ。
そのナイジェルはナイジェルで、カイトがジェフリーを愛していても、カイトへの想いを諦めないと公言して、ジェフリーの前で繋いだ手を離さないし。
今回に限っては海斗への思いの丈が、ビセンテ>>>>>ナイジェル>>ジェフリーなくらいでした。
それにしてもカイトは人生最大のモテ期ですね! それも男ばっかり(笑) それも極上の男たち。
まあ、BL好きにはなんの問題もありませんが。むしろ大歓迎ですが~vv
でもですね、カイトはただ好きだと言い寄られるだけの美味しい役どころではないんですよ。なんと結核に…(←ネタバレ)
しかもみんなに心配かけられないと、それを必死に隠して逃避行を続ける姿や、ビセンテに追いつかれたとき、ジェフリー達を逃がすために命をかけて囮になろうとする姿に胸打たれました(涙) 今回のカイトは本当に気持ちが強くて逞しかった。
好き主人公がモテモテなのは大好きなんですけど、どうしてカイトがここまでモテるかってことにちょっと疑問だったんですが、今回は頷けます!

でわでわ次巻がまた一年も向こうにならないことを祈って…
セール・ホー!(笑)
FLESH&BLOOD 11
FLESH&BLOOD11 (キャラ文庫 (ま1-21))FLESH&BLOOD11 (キャラ文庫 (ま1-21))
(2008/03/25)
松岡なつき

商品詳細を見る

前回で毒殺されかけたカイトの療養で訪れた城で、久々彼と再会…?
そしてビセンテがカイトの中でどんどん良い人に… 憎みたくても憎み切れないビセンテを欺かなければならないことに苦悩するカイト。
そのカイトにとんでもない事態が………!?
うおおおー 最後の最後でそりゃないっすよ! と。
誰かがカイトを庇って… ってのは常に覚悟してますけど、まさかカイト自身があんなことになるなんて………!!!
…いえね、実を言いますと (ごひいきキャラが)置いて逝かれるより置いて逝く って方が楽な私にとっては、前者よりましと言いますか… いや、そんな楽観的なこと言ってられる事態じゃないよな。
とにかくカイトの「あれ」が間違いであることを祈ります!!!

それとビセンテが! とうとうカイトへの愛を認めましたよぉーーーーー!!!
今までは 「弟のような」 とか 「スペインにとって大事な存在だから」 って自分をごまかしてきましたけど、てかこっち(読者)はごまかされてませんけど(笑) 今回はっきりと 「これは愛だ!」 と!!!
すごいぞカイト、ジェフリーにナイジェルにビセンテと、フラブレの美形どころ完全制覇っす!

ああ でもカイトの体がぁ………
FLESH&BLOOD10
FLESH&BLOOD 10 (10) (キャラ文庫 ま 1-20) (キャラ文庫 ま 1-20) (キャラ文庫)FLESH&BLOOD 10 (10) (キャラ文庫 ま 1-20) (キャラ文庫 ま 1-20) (キャラ文庫)
(2007/06/23)
松岡 なつき

商品詳細を見る

これも首を長ーーーくして待って、やっと新刊です…!
表紙はビセンテですが、パッと見ナイジェルに見えなくもないのでお得ですvv
そして指輪~を読んだ後だと、離れていても、ジェフリーがカイトを想ってくれてるのが分かるから安心できます(笑)
そしてそして! ジェフリーとナイジェルに加え、カイトをかけての恋愛戦に、ビセンテの参戦も決まりきましたよ~!!! 拍手~ ぱちぱちぱち~vv

松岡センセのHPでは10巻発売記念のSSも読めます。
期間限定なので、ファンの方はお見逃しのないように!
http://lightning99.at.infoseek.co.jp/
       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。