スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スパコミinfo
じつはこっそりアスキラでスパコミ参加します。

5月2日(日)
東5ホール
サークル名 『Cain
スペ№   『は-56 b
です。

持って行くものは下記の通りです。
hana_kagerou.gif
花かげろう
 (A5/FC/P72/¥300)
 遊郭パラレル。キラ遊女で客アスラン。
 郭に売られたキラは、そこで幼い頃別れたアスランと再会。しかし優しかったアスランは、冷酷な青年に変 わっていて…。
 表紙、挿絵イラスト;櫻井和美様。

sora-haato2.gif
Trouble Travel
 (A5/コピー/無料配布)
 芸能ギャグ。
 アイドルのアスランとキラが、旅行にでかけた先でいろんなハプニングに遭遇。
 デスノ、ハガレン、八犬伝、炎ミラ、G・Dとコラボしてます。

DSCF1791_SP0000.jpg
 (ブレスレットorバッグチャーム)
 あとちょびっとアクセサリー作ったので持っていきます。
 紫が「キラの眼差し」
 緑が「アスランの流し眼」
 です(笑)

*高額紙幣でのお支払いはご遠慮下さい。
*場合によっては身分証を提示いただく場合がございます。
 ご協力よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
素敵なお茶や。さん 8
二ヶ月以上ぶりの素敵なお茶や。さんです。
ここを知ってからこんなに空いたことなかったんで、危うく禁断症状が…

今回はランチだったので、
DSCF1765_SP0000.jpg DSCF1766_SP0000.jpg
DSCF1762_SP0000.jpg DSCF1768_SP0000.jpg
これで995円
メインは、今日は寒かったので キムチとチーズの雑炊を。

DSCF1769_SP0000.jpg
お茶はカフェオレ。
ほゎ~… またまたパワーもらっちゃいました

DSCF1761_SP0000.jpg DSCF1760_SP0000.jpg


DSCF1772_SP0000.jpg
ン年ぶりにバット振ったどー!
中学のときソフト部だったんですけど、構え方忘れてなかった!(笑)


そしてこの日二軒目のCafeへ。
これで本に載ってたCafeで、地元店は制覇しました。
DSCF1781_SP0000.jpg DSCF1780_SP0000.jpg
オーガニックコーヒーとヌガーグラッセ。
ヌガーグラッセ初めて食べたんですが、アイスのような生クリームのような食感に感激。
そして甘すぎない甘さが絶妙~。
店内もちょーお洒落で、カウンター席に座って大人気分を満喫(笑)
渋いおじさまがコーヒーを頼んでるのがドラマみたいで様になっててすてきだったな~。
DSCF1774_SP0000.jpg DSCF1778_SP0000.jpg
感謝感激
DSCF1759_SP0000.jpg

また一歳年取りました。…いえ、もう最近は「また一年生き延びられてラッキー」と思うことにしてるのでべつにいいんですが…。

それにそれに、この年になってもおめでとうメールもらったりプレゼントもらったりご飯おごってもらったり、私ってすんごい幸せ者なんだなと。ホロリ…

写真は、あもうさんから頂いたお菓子とにゃんこカードとCD。
お菓子は、自分の名前で初めてのし付きのものを頂きました(笑)
CDには、桜の時期に桜のあの歌が…。勝手にバースデーソングとして聴かせてもらってます
ポットはオフ友から。
彼女にはご飯もおごってもらいました。
みんな大感謝ー
鈍色の空、ひかりさす青
鈍色の空、ひかりさす青 (幻冬舎ルチル文庫)鈍色の空、ひかりさす青 (幻冬舎ルチル文庫)
(2010/04/15)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る


受けがひたすらぼろぼろで可哀そうです。
人によっては暴力だの虐待だの酷すぎるという意見もありそうですが…
現実なら絶対許せないけど、あくまで妄想世界という視点で、私的にはありかなと(汗)
てかむしろ、ひくつでも自虐的でも、主人公がひたすら可哀そうで泣けるのって好きなので…ゴニョゴニョ…
崎谷センセにしては珍しく、他の攻めキャラに比べて那智(攻め)の気持ちに余裕が無かったのも好感持てたかな。
崎谷センセは文章力有りすぎなので(過ぎるってのも変ですが…)、攻めの台詞が流暢過ぎると説教臭くなって白けるときがたまにあるので、それが今回はあんまり感じられなかったかなと。

痛いのがだめ、あるいはフィクションでも許せない方は読まない方が無難です
FLESH & BLOOD ⑭
FLESH & BLOOD (14) (キャラ文庫)FLESH & BLOOD (14) (キャラ文庫)
(2010/03/12)
松岡 なつき

商品詳細を見る


まるで教会のステンドグラスから降り注ぐ陽光のような、静かだけれど厳かな想いに溢れた巻でした。
ジェフリーの、ナイジェルの、リリーの、そいてカイトの…
彼らの一言一言が神聖な祈りのように思えました。
特にジェフリー。
カイトを本当に想うからこそ、これが最後と知りつつ また次があるからと笑って送り出す姿に泣かされました。
12巻でビセンテにとって代わられそうなほど影が薄かった彼ですが、見事な大逆転です(笑)

それと今回、「カイトには笑顔が似合う」という一文が印象的でした。
どんなシリアスなシーンでも、挿絵がなくても、FBを読むとき、私の頭の中にはいつもカイトの笑顔が浮かんでいました。カイトの笑顔こそがFBなんだなと。

そしてやっぱり美絵でござりまする~
オーダーいただきました
DSCF1703_SP0000.jpg

DSCF1695_SP0000.jpg

DSCF1734_SP0000.jpg
桜の国のひとだから~
この季節になると見ておきゃなきゃと血が騒ぐのです。
DSCF1712_SP0000.jpg DSCF1718_SP0000.jpg DSCF1721_SP0001.jpg DSCF1719_SP0002.jpg

DSCF1741_SP0000.jpg DSCF1739_SP0000.jpg

DSCF1752_SP0000.jpg DSCF1749_SP0000.jpg DSCF1723_SP0000.jpg

AKBの桜の栞はいい仕事だとおもう。
       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。