スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイック・エイジ 3話
野生児エイジの 調教 教育開始。
ペイントまみれになってはしゃぐエイジが激カワ。しかもその絵が上手いのなんの。
でも美しい風景と戦火に燃える風景を一緒に思い浮かべるエイジがなんか可哀想でした。ホロリ。
そして残り4人のノドス(のシルエット)登場! ・・・・が、なぜ♀がいる!? しかも2人も! いーらなーいよー=3 全員美青年でいいじゃん! しかも♂もヤワそうなのと厳つそうなのだし。こうなったらイオラオス→エイジ←パエトーに期待しよう。うんそうしよう。だからお願いだからアネーシャとイオラオスをくっつけようなんてこと考えないで下さいね、スタッフさん。アネーシャがイオラオスに気がありそうでなんか心配。イオラオスはディアネイラ一筋っぽいけど。でもそれはあくまで尊敬ですから。恋愛対象とは別なの!(はいはい)。双子じゃなくてイオラオスとアネーシャが兄弟だったらよかったんだよ。欲言えば姫じゃなくて王子様で、侍従衆も男揃いがよかったんだけどね。(そればっか・・・・)
イオラオス、髪切ったエイジに動揺してたよね。「髪を切ったのか(なんて可愛いんだ!) ・・・・さすがディアネイラ様(~以下略)」な感じで。
それにしても世界設定いいですねvv これは久々にハマれる予感です。
始まる前は、今節は「地球へ・・・」に一番期待してたのに、なのに、なのに・・・・なんか・・・・変(--; 昔の設定のままやったら古くさくなるに決まってんじゃん。イマイチ期待外れだったつーか。まぁこれからキースとトーニィ出てきてどんなかだよね。でもトーニィの出番は遥か遠いなぁ・・・・。
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。