スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そして指輪は告白する
そして指輪は告白する―その指だけが知っている4 (キャラ文庫 か 3-16) (キャラ文庫 か 3-16) (キャラ文庫)そして指輪は告白する―その指だけが知っている4 (キャラ文庫 か 3-16) (キャラ文庫 か 3-16) (キャラ文庫)
(2007/06/23)
神奈木 智

商品詳細を見る

最近読んだ中で圧倒的№1作品かも。
架月の元カノの件、渉を諦めきれない浅香の想い、弟大事でなにかと渉をいびる小舅祥平(架月兄)と、怒濤の展開に、読んでる間中一喜一憂しっぱなしで、読んだ後も妄想の暴走が止まりません。
特に、一度も顔を出さないくせに架月と渉の間に溝を作ろうとしている瑞穂サン! あんたはいったいなんのさー!
きっとね、たぶんね、手術の後遺症で記憶が混乱して、自分と架月が付き合ってるか、架月を昔の祥平と思い込んでて、自分達は恋人同士だと思い込んじゃってるんだよ。
架月はもちろん否定しようとしたけど、手術したてでこれ以上精神的に負担かけるわけにはいかないから、とりあえず彼女の思い込みに付き合ってやってるだけなんだよね! 
恋人の振りしてるけど、俺が好きなのは渉だけだから「俺を信用しろ」ってことなんだよきっと! 
たとえフリでも元カノと恋人やるなんて渉に知られるわけにはいかないから理由は言えなくて、自分の心のはお前のものって言いたくて心の代わりに指輪を送ってきた…とか自己補完してないと、渉じゃなくてもやさぐれてやってられないです。ケッ。
前巻からさんざん待たされたけど、待たされた甲斐はあったと思いますよ。凄く読み応えありました。
ただ前巻から今回くらいの間次も開けられるとなるとキツイかもですが…。
そんなに待たされたら生殺しだよと思われるファンの方は、最終巻が出る頃に読んで、すぐ決着が分かるってタイミング狙った方がいいかもです。私、そうすりゃよかったかなとちょっと後悔するくらい感情揺さぶられましたから。
面白かったんですけどね、あの終わりで2~3年待たされるとなるとキツイっすよー…。
でも小田切さん絵も美しすぎて手に取らずにはいられないんですよね~vv
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。