スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒロイック・エイジ
エイジーーー!!!

以下ネタバレ有ります。




これも最初の数話しか見ていないので、途中がほとんど分かりません。
だってエイジ、人間でいるよりベルクロスでいる方が断然多いんですもん…。
だけど最終回って不思議な魔力がありますね。
途中がどんなにつまらなくても、最終回は感動させられちゃうんですから。
そうです、エイジの最終回、私は感動してしまいました…(笑)
前の回を見ていなかったので、どうしてベルクロスがいなくなってしまったのか分からなかったのですが、エイジの命がけの行動で、ユティとロム・ローは心を救われていい人(銀の種族)になったみたいです。
そしてエイジが出ないまま銀の種族が外宇宙に出て行ったり、ディアネイラやアネーシャ達がヘドロンの盾を使えるようになったり、オロンの復興が終わったりと話が進み、ついにEDのテロップが流れ始めて…。
え? もしかして本当にエイジ死んじゃったの!? と焦りますわなこちらとしては。
しかも制作があのファフナー作った方たちですから、総士の一件がありますから、まさかエイジも…って脅えもしますよそりゃあ。
地球へ、三国志に続いてこれもまた? って本気で泣きそうになってたら、最後の最後、本当に最後の最後でエリュシオンに現れたのと同じ扉(?)がオロンに現れて、エイジがねぇ、エイジが帰って来たんでございますよ!
うおおおおーーー!!! よかったよぉ、ほんとにほんとによかったよぉ(>▽<)
そこで流れるEDの「Azurite」がまた泣かせるんですよ。
EDの時の絵とこのシーンがダブって、しかもちょうどよくサビがきて…。やるじゃんと。
それまであんまり興味なかったんですが、あのラストシーンで「Azurite」を気に入ってしまいました。
エイジは最後までいい子でした。ほろり…。
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。