スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ねじれたEDGE
ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-14)ねじれたEDGE (幻冬舎ルチル文庫 さ 2-14)
(2008/03/17)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る

ANSWERシリーズのパイロット版のようなお話でした。
最悪のすれ違いから両想い。精神的大人年下攻めの Hのときに異様に甘ったれになる年上受け。挿絵もやまねあやのセンセだし。
ANSWERに酷似してますがANSWERシリーズの方が断然好きです。
主人公の咲坂、卑屈すぎだし台詞にやたらと …… が入るし いちいちどもるし。もともと崎谷センセの受けの台詞ってたどたどしい感じがあって、それが持ち味で私も好きではあるんですが、今回は鼻につくと言いますか…。
とか言いながら 斎が咲坂にメロメロな一人称とかは読んでて楽しかったですけども。
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。