スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
砂はマのつく途の先!
砂は(マ)のつく途の先! (角川ビーンズ文庫 4-18)砂は(マ)のつく途の先! (角川ビーンズ文庫 4-18)
(2007/12/01)
喬林 知

商品詳細を見る

まるマは時々、気が向いた巻だけ買うんで、物語も大ざっぱにしか把握できてないですが、前巻からユーリは失明するわコンラッドが(一時的に?)戻ってきてるわで、こりゃあ買いでしょうと。
でもねえ、なんかねえ、なーんか物足りないんですよねえ…




コンラッドとヴォルフがユーリの怪我をもっと心配してる描写がほしいなぁとか、ユーリももっと辛そうにしてくれないかなぁとか、上様モードの後でユーリが意識を無くしてたとこをもっと詳しく書いてほしいなぁとか、ユーリの「近くにいないあんたなんかより~」の言葉をコンラッドにもっと思いつめてほしいなぁ… と、もちょっと細かくシリアスに持っていって欲しいんですね、個人的に。あくまでも個人的な好みなので偉そうに注文つけられませんが。でもいつもマ王はそんな感じなんですよねぇ… だから私の本棚には全巻揃わないわけでして。
深刻になっても明るさを失わないのがまるマなんだって分かってはいるんですけれども、けれども、そこをなんとかかんとか…!
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。