スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
裏切りは僕の名前を知っている 3
裏切りは僕の名前を知っている 3 (3) (あすかコミックスDX)裏切りは僕の名前を知っている 3 (3) (あすかコミックスDX)
(2007/11)
小田切 ほたる

商品詳細を見る





奏多がレイガで前世はユキの恋人だから現世でもユキの側に転生して必死に取り戻そうとしたけどユキは仲間を選んだから「君はそちらを選んでしまったんだね…」的な憂いを含んだあの俯きがあった…と思えてなりません。大いなる邪推ですが。
ユキが以前みんなを裏切ったことがある的なセリフが出てきましたが、あれはレイガと恋に堕ちて使命を捨ててレイガを選んで駆け落ちしようとしてしまう…が結局は戻ってきた。とかはないですかね。
んでユキと一緒になれなかった苦しみと悲しみがやがて憎しみに変わってレイガは祇王の敵になった…とかは…。
愁生はあれですね。今の章が終わった頃には「あの物静かで優雅な王子キャラは何処へ…?」ってくらい容赦ないキャラに変わってそうですよね。巻末のように。腐々…。


まあド素人の想像なんてこんなもんですよ。
結局は夕月愛なだけなのです。
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。