スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
由美子へ
由美子へ由美子へ
(2006/08)
吉田 公子

商品詳細を見る

芸名 北原遥子。
在団わずか3年で遥くららに次ぐ二番手娘役にまで登りつめ、トップ就任は時間の問題と言われながら、ある事件に巻き込まれ退団。
その後、夏目雅子の妹分として華々しく芸能界デビューするも、1985年8月12日、日航機123便に乗り合わせていたため、帰らぬ人となりました。
24歳という若さでした。
この本は、そんな由美子さん(本名)の小さい頃の思い出や、モダンバレエを習ったこと、器械体操では当時のオリンピック選手と競り合うほどの実力だったこと、宝塚音楽学校のこと、入団してからのこと、事故のことなどが、お母様の視点で書かれています。
因みに黒木瞳とは自他ともに認める親友だったそうです。(由美子さんとは同期。真夜みき、涼風真世、毬藻えりなども同期だそうです)。



敬称略。
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。