スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
炎ミラ 幕末編
Cobalt (コバルト) 2008年 09月号 [雑誌]Cobalt (コバルト) 2008年 09月号 [雑誌]
(2008/08/01)
不明

商品詳細を見る

炎ミラの幕末編目当てにゲッツ。
現代でも過去でもなく、幕末ってのが新鮮でした~。
でも夜叉衆はと言えば、仲間同士のはずなのに 勤皇派と佐幕派に分かれて登場。
そんなぁ… 氷雪問答で晴家に景虎様ラブっぷりを見せつけられたばっかりなのにぃ………
の 晴家姐さんver、久々のお目見えです。
本編読んでるときは 元は男だった って設定にただただ笑ってただけだったんですが、邂逅編読んだあとだと余計笑えるっつか、その笑いも引きつっるつーか…(笑)
まぁ それは置いといてですね。
幕末なんで新撰組が出てきます! 新撰組と夜叉衆が夢のコラボですよおおぉおぉおおぉぉ!!!
それにですね、なんと言っても景虎様の換生姿がまた麗しいのがグッジョブですvv
ヴィジュアルは大事ですからね。換生先は大事ですよ、うん。
だから「壮年の景虎様」ってところにちょっと引っかかったんですが、描写が後姿でよかったです(笑)
でも今度年相応の外見の5人を見てみたい気もしなくはないような…
300歳とは言わないから、せめて7、80歳くらいを。その外見で長秀に生意気なこと言わせてみたい(笑) もちろんギャグで。
小説の後のほたかセンセのギャグ漫画も最高ですよぉ(^‐^)

ところで 晴家とは25年も会わなくても平気なのに、直江のところには報告に行くんですね、景虎様は♪

スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。