スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRESH&BLOOD 12 『限定版』
FLESH & BLOOD12限定版 (キャラ文庫)FLESH & BLOOD12限定版 (キャラ文庫)
(2009/02)
松岡なつき

商品詳細を見る

や…っっっっっっとF&B12巻の限定版を手に入れることができました!!! ありがとうございます(>◇<)
中身は通常版と同じですが、表紙の装丁がちょっと違うのと、ナイジェル視点の小冊子が付いていて、これ欲しさに2冊目の12巻ゲッツです。…限定版を申し込み忘れて入手できなかったので…
  
読んでみて、ナイジェルどうしたと(笑)
いえね、前からカイトのこと好きなの知ってましたけど、そのラブ度が超アップしてるんですけど!
ナイジェルの内心で埋められた一冊なので無理ないですが、それにしても寝ても覚めてもカイト愛しさで、そこまで想っていたのかと。今さらながらナイジェルのカイトへの想いの強さを実感させられました。本当にカイトのこと愛してたんだね… それも若いうちに経験した恋愛のひとつとして、いつか過去形になるんじゃなく、彼の中で生涯最後になるだろう恋で… 
なんかもう、ビセンテといいナイジェルといい、カイトを愛する心が半端なく強くて大きいんですが今回。
カイトを好きだけど、自分にはもっと重要なことがあるから、そういう状況になったらさすがにカイトのことは二の次…じゃなく、その重要なことさえ、カイトへの愛のためなら捨てることができるくらいに。ビセンテは国と王への忠誠<カイト、ナイジェルはジェフリーやメイト達<カイト…な感じで。
カイトを愛する男達の中で、ジェフリーの想いが一番弱く思えてきたので、次巻では頑張ってそんな感想を払拭させてほしいです。でないとナイジェルもだけどビセンテも浮かばれないよ! この二人を捨ててまでカイトが選んだんだって、しっかり証明してくれないとね。

そういえば松岡センセの公式サイトでF&BのバレンタインSSが掲載されているんですが、ここではカイトをめぐる第4の男、和哉がメインです。
まさかこんな風に和哉が出てくるとは思わなかったので、びっくり&新鮮な展開です。
和哉は一巻の冒頭で出ただけの、脇役中の脇役だと思ってたんですが、向こうでちゃんとカイトを探してるとことが書かれてるし、12巻の最後でもカイトの元へ行こうとしている必死さが伺えて、ただの脇役なんかじゃなかったです。そこにきてのバレンタインSS…やられました。
和哉にとってカイトは、ただの幼馴染じゃなく、可愛くて可愛くてしょうがない弟のような(それ以上の?)存在らしく。しかもちびカイト…あれだけ可愛かったらそりゃやられるよな…
 
ナイジェルの想いはどうなるのか、和哉はこっちに来られるのか、来たらどうなるのか、カイトの病気は? カイトはこっちに残るのか、最後は現代に戻るのか… 気になりどころが満載でますます目が離せないんですが…次巻は当分先ですよねぇ…
あと、1~11巻のどれか一冊買うと小冊子貰えるフェア開催中だそうですが、うちの近所の本屋ではそのフェアをやってません… 無料で貰えるらしいので通販するわけにもいかず… 田舎住まいのF&B大好き人間はこういうときどうしたらいいんでしょうかねぇ………
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。