スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
天地人 第十一回
※あくまでも炎ミラファン視点のネタなので、史実好きな方はスルーお願い致します。

景虎様、とうとう御館に移動です…そしてどんどん壊れてゆきます…(涙)
でも今回は、兼続とお船が 自分たちの所為でこの争乱が起こったとちゃんと自覚して覚悟を決めていたのが分かって、ちょっと胸のつかえが取れました。それもないままに義だの正義だのただ振りかざしてたらどうしてくれようかと思ってたけど(笑)
兼続とお船の、そんな自責の念がちゃんと描かれていたので、景虎様方だけど許してやろうかと(ナニ様だ)
あと どこまでもついていくと言う言葉を景虎様に信じてもらえず、自害してそれを証明しようとした華姫が勇ましくてカッコ良かったですvv 仙桃院様も優しいし。景虎様、ぢつはそれなりに(大河の中ではだけど)恵まれてるんじゃ… でも景虎様は義父上の信頼が欲しかったのよね! 
それと気になったのが、兼続くとお船が話しているのを聞いている時の、信綱の横顔。…この人もいよいよ壊れていくのかな…?(笑) って、普通笑いどころじゃないんだけどさ、ミラファンには、ね…(やっぱ笑)

それにしても春日山城で争い合うと、切り殺される前に坂道で心臓止まりそうで怖いよお(笑)


kagen様へ>


コメントありがとうございます! 
わ~、私もぢつはkagen様のサイトに入り浸ってたりします。たぶん足跡ですでにお気づきかと思いますが…(^^;

大したこと書いてないですが、私なんかの日記が少しでもkagen様のお役に立てるなら嬉しいですvv 
私もkagen様の日記をとても楽しく読ませて頂いています♪
炎ミラ最高ですよね! 天地人はミラファンには辛くなりつつありますが…

あ、リンク、貼っていただいてありがとうございます! すんごく嬉しいですうううー!!!

でわでわ、こんな人間でよろしければこれからもお付き合いいただければ嬉しいです(^‐^)
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。