スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アテネを見てね
という番組名に、ついくすりと・・。
もうすぐオリンピックですよぉvv
一番の目当ては器械体操と新体操。
新体操は86年のワールドカップから、器械体操は88年のソウル五輪からビデオに録ってある(何歳!?という突っ込みはウケツケマセン)。
でも今年のアテネは、女子の体操は日本が出場できないからか、放送は夜中ばっかり。男子は昼間やってくれるのに。しかも時間もあいまいだし。寝不足決定。仕事で立ちながら眠ってやる。
新体操一口メモ。
・88年に音楽が単一楽器から二つの楽器OKになる。
・この後複数楽器使用が可能となり、今では歌声もOK。これにはびっくり。
(昔『光の伝説』という新体操の漫画があり、主人公が失格覚悟で歌で演技したというラストがあったが、それが今では当たり前の図。まじびっくり)
・そして96年頃(たぶんこれより以前)から全身レオタードがOKとなる。もじもじ君!?とこれまたびっくり。
・その後一部スパンコール可能となり、今では総スパン化でさらにミニスカ付きとなっているらしい。
・・流れ過ぎだ、時代。
スポンサーサイト
             
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。